2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さいしょのいっぽ?

今回は、写真と記事の内容は関係ないことがほとんどです(笑)。

大会から三週間。
次の秋の大会を目指して、今度こそ合格を目指してアキの訓練を、あわよくばエルも出せればいいなあと訓練再開(アキだけを出すと決めてからはほぼ放置状態だった斑犬)しました。

それとは別に、週末にアジリティの訓練も始めることに!
服従もしながらやった方が言うこと聞くかなあと。
アジ、憧れだったんです(笑)。
ディスクもよかったのですが、あんな、フェンスも何もないところで、たとえ黒犬でも放すのは怖くてできないし。
何より、音楽がガンガン鳴ってるところで投げるの無理。超上がり症ですから(先日のアキの時で改めて痛感)。

SH3G0001.jpg
斑犬のアジ練習は、センセーが付けてくれることに。
「この犬(犬種?)は頭硬いので、僕がします」
たぶん、私がしたらとてつもない時間がかかることなんだろう(苦笑)。
センセー手を焼いてましたから、早速。

普段の訓練でも、スワロームとか、ハードル(ですっけ? ぴょんぴょん跳ぶヤツ←素人表現で申し訳ない)はちょっと触り程度にしたことあるんですけどね、実は。センセーが車に道具を積んでる時だけですけど。

SH3G0003_20100530202547.jpg

トンネルとか……後、なんですっけ、ハウスみたいなのの先に布のトンネルが付いてるの。
ああいうの、エルは苦手だろう、絶対にフリーズするだろうと思ってました。

ところがどっこい、あっさり入りました。
そして、何が気に入ったのか、自ら何度も入り、終いにはセンセーに「もう入らんでええから」と止められるほど。
別に出た時にご褒美のボールとか上げた訳じゃないんですけどね。
一番テンション上がってました。

SH3G2.jpg

テンションが上がっていると言えば、アキ。
見学していたカフェのオーナーさん(もちろん、アジでは大先輩)などは「アキちゃんはテンション高いし、すぐに巧くなるよ」と言ってくれました。
私的には、私の持ってるボールに意識行き過ぎて、コントロールしづらいことの方が多かったのですけど;
センセーが言うには、「指示を出すのが遅い」とのこと。やった後にアキが私の顔を見るのは、その証拠だそうで。
顔を見る前にボールなり何なりを前に投げて走らせる様に言われました。とほー。
後、できた後、「ほめ方が足りない」……これは、普段の服従でも言われていることです;

ラブだけにズルをすることがあると人から聞いていたのですが、初めてやったタイヤで(周りを抜けない様にハードルの部品でガードしていたのにもかかわらず)タイヤの中をくぐらず、ガードしていたものをなぎ倒して通り過ぎていくのはいかがなものか。

SH3G5.jpg

ハードルとか、最初見た時はビビって固まっていた斑犬ですが、今回は渋々ながらも(シッポたら~ん状態)飛んでました。
エルがやる時はアキを休ませてみていたのですが、なんか、ジャンプした時格好良いんですよね、姿勢が。


とにかく、飼い主も走り回っていたので結構疲れました(運動不足)。
いかんいかん。
わたしもしっかりやらんとな。
てか、私も自分のテンションを上げてやんないとな(苦笑)。

とりあえず、第二週以外の土曜日の夜に練習。
水曜日の朝は今まで通り訓練。
二匹分の訓練代というか、月謝……そこらの子供の教育費よりよほど懸かってます;
これにフード代とか諸々あわせたら……ワンゲル係数高すぎだよ……;
犬のために働いてますとも!


今日は、一週間漬け込んでいた洋なしとレーズンの酢漬け(としか言いようがない)を友人と炭酸で割って飲みました。
私のは濃すぎましたが、朝飲むと眠気が吹っ飛びそうです。

そして、洋なしがあまり好きじゃない私は、友人に洋なしを食べさせました(笑)。
これが予想外の酸っぱさで、後で「胃が痛い」と言われました。
たしかに三つは多かったネ!

SH3G0007_20100530202547.jpg
黒犬はその酸っぱい洋なしを二切れ(小さく切ったもの)平らげて、「くれくれ」ビームを友人に浴びせてます。
酸っぱくないんかい!(笑)
私も一口食べたけど、相当な酸っぱさでしたよ??
SH3G0008.jpg
一方斑犬は、アピールしてる割には慎重に口に入れては出し、入れては出しを繰り返し、結局その半分は黒犬が食べてました。

今朝の散歩で斑犬が貴重なボールを回収不可能な場所に落としやがったので、明日から困りました。
てか、今日の夕方の散歩で既に困りました。
仕方なし、一匹ずつ繋いで、交互にボール投げ。
どうしようかなあ、明日から。
百均で失くしても惜しくないテニスボールでも買ってこようかなあ。
スポンサーサイト

| トレーニング | 20:28 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競技大会初エントリー

5/15,5/16と香川・丸亀市で行われたJKCの競技大会に行って来ました。
5/15はアジリティ、5/16が訓練競技やオビ、フライボールの大会。
見学ではありませんよ(笑)、ちゃんと出場してきました。
正確には、家庭犬訓練競技のアマチュア指導手の部の中の、家庭犬中等科(CDII)。
初等科(CDI)をすっ飛ばして中等科。
どうせ同じお金を出すなら、合格したらポイントがもらえる方が良いやという安直極まりない考えで。
なんというか、甘い考えでした……。
今年の二月だか三月の初めくらいに、訓練士さんに「出してみます?」と言われたのと、周りに「出せばいいよ」と無責任に勧められ、出場することに。
エルはとても間に合いそうにないので、アキだけで。

充電をしたデジカメを忘れて来たので、今回も携帯写真です。
ああ、何のために充電をしたんだ。



両日ともすごく良い天気で風が強くて……土&砂埃で全身ざらざらでした;
上の写真は二日目の訓練競技用に設定されたグラウンド。

初日は、よく行くドッグカフェの看板犬、シーちゃん(血統書名、シンデレラ……すごい)がアジリティ3度に出場してました。
なんか、アジリティって一つかと思ったら、コースにより、アジリティー1度・2度・3度とタッチ障害やテーブルを含まないジャンピング1度・2度・3度に分かれてるそうです(JKCより)。未だによくわからないのですが(苦笑)、1度より3度が難しいんですよね?
すみません、会場でもらったパンフレットを見て初めて種目が別れてるのを知った人間なので。


H3G0023.jpg
出番待ちのシーちゃん。ハンドラーはご主人の方です(シーちゃんはご主人の方じゃないと言うことを聞かないそうです)。
ずっとゲージで寝ていた大人しくしていたためか非常に眠そうです落ち着いてます。
H3G0026.jpg
H3G0027.jpg
結果は、ご主人のOさんの丁寧な誘導とシーちゃんの落ち着きもあってクリーンラン。
出場犬の半分が失格になっている中、大健闘でしょう。
シーちゃんが寝ぼけていたため動きがゆっくりしすぎて規定タイムを超えていたのが残念。

H3G0007.jpg
訓練士さんも出場してました。借り物の犬で(笑)。
大会二週間前に借りてきたシェパードのビート君。
運動不足で太り、借りてきて数日後に走って遊んだだけで肉球がむけるという笑えないアクシデントがありましたが、先生、そこはプロ、肉球ハゲは無かったことにして仕上げた模様(笑)。
結果としては、反応が鈍くて……他文句たらたらの出来だったようです。
H3G0021.jpg
H3G0022.jpg
出場後、ずっとボール?をかみ続けているビート君、こうしてこのまま、車のゲージまで引っ張られていきました。
リード要らないよね。

アジリティはさすがにボーダーコリー天国。私的に大興奮でしたが、ボーダーコリーたちはもっと興奮していたことでしょう(笑)。
H3G0018.jpg
そんな中、気になった犬。
やはり私はトライカラーに弱いようです(笑)。

アキはともかく、エルは車に積みっぱなし(興奮した犬がたくさんいるところに連れて行くなんて無謀です)だったので、一時間毎に駐車場をうろうろさせて気分転換をさせてました。
すると、他の出場者らしき男の人が「キャトルですか?」と声をかけてくれました。
見て、キャトルとわかる人は意外に少ないので、嬉しかったのですが、更に驚愕の事実が。
「キャトル飼ってるんですよ」
えーホントマジで!?
思わず鼻息が荒くなる現実ですが、人見知りが激しく、奥ゆかしい私……
「見せてもらっても良いですか!?」
気が付けば口走ってました。
だってだって、生で他のキャトルに会える日が来るとは思わなかったんだもん!!
快くOKをもらって、いそいそと(エルはもちろん車に収納した/笑)他キャトルの元へ。
奥さんの方がキャトルの同居犬(というか先住犬)であるコーギーをアジに出場させていたそうで、基地(笑)に置かれたゲージに、その子はいました。
H3G0008.jpg
おおっ、キャ、キャトルだ~!!
H3G0009.jpg
ウルコスちゃん、一歳半の女の子。
通称ウルちゃん。
名前まで似てます(笑)。
H3G0010.jpg
エルも一歳くらいまで全体的に白っぽかったのですが、ウルちゃんはこの年でこんな感じと言うことは、余り黒くはならないのかな?
マズルが短めで、キャトルっぽい♪
何より人なつっこくて可愛い。
手を出した途端唸られたりとか、噛みつかれたらどうしようかと思っていたかというと、念願の生キャトルに噛まれるなら本望だと言うくらいで(笑)。

そして、ここでさらに驚愕の真実が。
奥さんの方が、私のろくに更新をしない駄目ブログをご存じだったのです!
ビックリというか、十メートルくらい後方に飛びそうになった(苦笑)。
キャトル飼ってる人のブログって少ないですよねとお互いに話しをしたのですが、ウルちゃんとこもRiverさんとこはやはりチェック済みでした(笑)。

で、ここで、奥さんがエルに会いたいと言われたので案内。
ウルちゃんも連れて行ってご対面を……

出会った瞬間ガウついてバトルになるとか、お互い予想していた思います(笑)。



H3G0012.jpg
微妙な空気は流れてますが、挨拶もちゃんとできました。
H3G0013.jpg
匂われてますけど(笑)。
でも、ウチの心の狭い斑犬はおしりの匂いをかがれるのが嫌いなので、この後ガウつきました;
ごめんね、乱暴な斑おばちゃんで。
H3G0014.jpg
私は撮影に忙しかったので、一緒に来ていたハッピーちゃんトコにリードを持ってもらいました。
H3G0015.jpg
体高が同じ! ああ、夢にまで見たキャトルのツーショットですよ……(涙)。
H3G0016.jpg
二日目も会うことができましたが、相変わらず、尻の匂いをかがれそうになるとエルは怒っていました;
それ以外、即バトルにならなかった事の方が、実は不思議です(笑)。

あー、また会えると良いなあ♪
やはりキャトル飼いだけに共感できる部分も多く(笑)、感動しました。
ウルちゃんとエルは似てるところもあったし、やはり違う部分もあったけど……どちらも水が嫌いというのには笑いました。
「Riverちゃんところを読んでいたから、絶対に自ら水に入って泳げると思っていたのに裏切られた」みたいな(笑)。
Riverちゃんの半分でも水に入ろうという意欲があれば……!
ノーリードへの抗感も同じでしたね(だから競技大会に出すのに二の足を踏む)。
競技会に出せる日が来ると良いなあ。

この日の夜は、さまよいまくって(駐車場で車中泊をするつもりが、どこもかしこも暴走族対策か夜間から早朝まで出入り禁止になっていた)コンビニの駐車場で寝ることに。
寝床はごろ寝マット&寝袋で寝心地は良かったのですが、その寝床の半分はアキに取られ、コンビニに出入りする他の車に斑犬がうーうー唸り……ろくに寝られませんでした(涙)。

そうしてベストコンディションとは言い難い状態で二日目の本番。
H3G0029.jpg
一日目とは会場の空気も違います。ぴりぴりしてます。
CDIIは出場の順番はなく、最初に割り当てられた場所へ好きな時に行けば出場できます。
犬がたくさん待っている時には行きたくないし、何せ暑すぎるので、少しは曇った時に出したい、とか思っていたら、ますます晴れ上がり快晴。
昼間際に犬の列が途切れたので、心を決めて出場することにしました。
アキは既に車→待機場所の移動だけでバテ気味、飼い主は緊張で頭に血が上っている状態。
先生がマネージャーのごとく、氷水で冷やしたタオルでアキの背中やお腹を冷やしてくれました。

いざ、本番。
「(ゼッケン)○○番、犬名ベルタ(アキの血統書名)、指導手△△です。宜しくお願いします」と申告。
私がバリバリに緊張していることを悟ったのか、審査員さんが私の名前(申告は苗字しかしなかった)を「なんて読むの?(簡単な字ですが読み方が一般的じゃない)」と聞いてくれて緊張を解そうとしてくれたみたいですが、私は「●●です」とぎこちない笑顔で答えただけでした。
いや、もう、本当に余裕無かったから!
私が初めて出場することを審査員さんに先生が説明してくれたのか、やり方を復習をかねて簡単にレクチャーしてくれましたが、緊張マックスな私は「はい、はい」と譫言のように返事をするだけ(苦笑)。

まずは紐付き脚側歩行(リードを付けた状態でツケをさせて歩く)なのですが、すでにアキがふらふらです先生。
名前は呼ぶことはできないし、規定の場所以外でコマンドを出すこともできません。
Uターンして帰ってくる時、「後へ」と言って横に付けさせた状態でくるっと方向転換するのですが、アキがぽーっとして意識が飛びかけていることを察知した私。
「あ と へ!」
見ていた先生が言うには、明後日の方向を見かけていたアキがハッと我に返って私についていったそうです。
練習の時、マテをさせた時に突然暴走して真っ青になっり、本番ではそれだけは勘弁して! と思ってました。
現実、暑さでふらふらになっているのでさすがにその馬力はなさそうでした(苦笑)。
紐無しで脚側歩行をして、停座及び招呼(マテをさせて離れた場所から呼び、横に付けさせる)、脚側停座(横に座らせる)させて、伏臥(伏せ)→元に戻す→立止……ここまではどうにかこうにかできました。
ここからが問題です。
脚側歩行をさせながら途中で伏せをさせる種目と、同じく脚側歩行から停座(お座り)をさせる種目が練習時から不安でした。
伏せの方は成功率が高かったのですが、停座させるコマンドを出しても伏せたりする始末で……; 声のトーンやわかりやすさ(犬への伝わりやすさ)を考えて「すわれ」にするか「おすわり」するか悩んだり……。
本番が近づくと、伏せの成功率まで落ちてくる始末で;
この時点で私も緊張が度を超してテンパり気味。
「ついて!」で横に付かせて歩行開始、五メートル時点で「伏せ!」…二、三歩歩いて振り返ったら……

黒犬は座ってました。

何で伏せてないの!?
どうして?
焦りと動揺と混乱で頭が真っ白になる私。

本当はここで、規定の位置に着くまでにもう一度「伏せ」といって伏せさせるべきでした。減点はされるにしても、伏せていないと結果的に伏せたのとでは点数が違います。
でも、言うタイミングを完全に逸しました。

次の停座は巧くいき、続く、三つの選択科目もどうにかこうにか行ったものの……この「伏せなかった」ことによる減点が大きく響きました。

結果、100点満点中90.5点。
95点以上が合格です。
そんなわけで不合格でした。

先生も、「アキちゃんもよく頑張ってたし、○○さんも(練習と違って)声もよく出ていたし動けてました」と慰めて(苦笑)くれたし、他のベテラン組も「練習初めて日が経ってないのに、最初にCDII に出て90点取れたら上等」と慰めて(苦笑)くれたのですが……やっぱり、私が伏せをさせなかったことが不合格の最大の原因とわかるだけに後悔しまくり。実際、先生も「(あそこで伏せをさせていたら)五点は違ってましたね」と言ってたしね☆

次の秋の大会で頑張ればいいという結果になりましたが、次は次で「二回目なんだから合格して当然」というプレッシャーに負けそうです(苦笑)。

H3G0031.jpg
アキはよく頑張った。本当によく頑張った。悪かったのは私なので……。というわけで本番の後はねぎらいまくり。
H3G0033.jpg
人間も疲れましたが、犬もお疲れ。
H3G0034.jpg
私も早く帰って寝たいよ。
本番で声を出しすぎたのか、砂混じりの空気を吸い込みすぎてか声が枯れたし。

他の人たちの結果を待って帰ったので、高速を寝ぼけながらぶっ飛ばして家に帰り着いたのは八時でした。
「龍馬伝に」は間に合いました(笑)。

おまけ。
H3G0035.jpg
あら? アキ、痩せたんじゃない?
というのは嘘で、スリムな体型の持ち主は……
H3G0036.jpg
シーちゃんでした。可愛いよ、シーちゃん。

会場で売っていた犬用食料。
H3G0038.jpg
アキをダイエットさせるため、おから中心に購入(笑)。おからは3袋買った。
目指せマイナス2キロで20キロだ!
てか、手触りぷよぷよなはやめよう!


| アキとエルでおでかけ | 22:15 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010年度 川キャンプ第一回

せめて、広告が出る前に更新しようと言う崇高な目標はあっさり潰えました。
まあ、色々忙しかったと言うことにしておいてください。

写真の新旧が前後しますが、私の記憶も相当ポンコツなので「ん?」と思っても気にせず読み進めて頂けると幸いです。

で、GWの5/1から5/3まで開催された川キャンプに参加してきました。
メイン参加者は、宮崎から川に帰省したシャイパパと、ハッピーちゃんとこと、私。
5/1は昼まで仕事だったので、終わるや速攻で向かいました(そして色々と忘れる)。


SH3G0046_20100517212308.jpg
今回のキャンプ地。
真ん中のは私の車ですが、四駆ではありません。
どうにかこうにかたどり着けただけです。途中、シャイパパに誘導してもらいながら(笑)。
そして帰りは、シャイパパの車に引っ張ってもらいました(苦笑)。ありがとうございました!

今回は、前回パピーだったブレッド君の成長ぶりを楽しみにしてました。
ブログで拝見しているとはいえ、実物を見るのはまた違います。


……子犬がいませんが?(笑)
いや、もう、本当に大きくなってました。体高はシャイ君と変わらないくらい?
ミーちゃんの向こうに寝ているのがブレッド君ですが、ミーちゃんが小さく見えます。

SH3G0026.jpg
昨年秋以来の再会になるシャイパパの膝に乗るエル。
甘え&媚び売り作戦は相変わらずです。
私の膝になんか乗ってきませんよ、こいつは。
SH3G0027_20100517212040.jpg
早速泳いで濡れているアキ。
SH3G0015.jpg
前回の秋のキャンプでは、二匹がこんなに近くにいたことがなかったので、改めて感動。

シャイパパに牛乳をもらうレトリーバーたち。
SH3G0024_20100517212041.jpg
ブレッド君(一番右)でかいよ……本当にでっかい!
一番奥のがアキですが、遠近法もあってアキの方が子犬に見える(笑)。
でも、ブレッド君、「見た目は大人、中身は子供」でした。
シャイ君以上にパパべったり。ちょっと離れただけで訴え始めます。
他に家族がいたら分離不安にはならないそうですが。

SH3G0025_20100517212041.jpg
……増えてます。
SH3G0017_20100517212012.jpg
初日は、訓練繋がりのカイ君やメルちゃんトコ(メルちゃんトコは人間のみ)、それから、ゴールデのひまわりちゃんン&ダックスのいちごちゃんが、夜遅くにはドッグカフェの経営者夫婦のお二人が来てくれました。

今回も、クッキングシャイパパが腕を振るってくれました。
昼間は焼きそばを作ってくれました♪ 写真撮るの忘れました(苦笑)。食べるのに必死すぎ。

夜のメニューは、
SH3G0018_20100517212011.jpg
トロサーモンのちゃんちゃん焼き。
SH3G0016_20100517212012.jpg
鳥鍋。
夜は冷えたので暖かい物がやはりよかったです。
どっちも美味しかったです!
シャイパパはさすが手際が良くて、私は主に眺めているだけでした←手伝えよ。

SH3G0033.jpg
二日続けて遊びに来てくれていたひまわりちゃん、シニアに足を踏み入れているみたいでしたが、大人しくて良い子でした。
そして、そのおとなしさにつけこんで襲いかかろうとする斑犬。
意外や、見事返り討ちにあってしまい、その夜は凹んでました(苦笑)。
そして翌日は根に持って唸ってました。ひまわりちゃんだけでなく、飼い主さんがちょっと動くとウーウー言ってるし。アホですか。

SH3G0031_20100517212109.jpg
本当にね、普段はおっとりしているけど、やる時はやるんですね、ひまわりちゃん。

この日は遅くにエルだけ連れて帰宅。
5/2の午前中にNTTによる光回線工事があったからです。
今頃光に? と思われそうですが、工事費がただじゃなければ今回も見送ってました(笑)。
プロバイダの変更手続きは連休やその他諸事情で繋がったのが5/14でした……遅っ!
でも、ネットしなくても生きていけるものだとわかりました。
そして、ネット依存症じゃないのだと確認。
光になったけど、大して速さは変わらない気がします。動画を見てないから?

SH3G0028.jpg
で、二日目は、ひまわりちゃんとこの他にパドレちゃんとマーブルちゃん(共シュナウザー)が来てくれました。
この二匹とはウチの二匹は仲良しなので見守らなくても(苦笑)全然平気です。
昼間は、おみやげで持ってきてくれたピザをダッチオーブンで焼いて食べました。実はコレ、一日目にしてあまりの美味しさに感動してたんですよね、一同。
食べきれなかったものを一枚私が持って帰ってトースターで焼いたのですが、ダッチで焼いたのが断然美味しかったです(笑)。

二日目の夜のメニューは……
SH3G0039.jpg
チキン南蛮(本場、宮崎バージョン)。
すごいー! ちゃんと鳥を揚げてくれて、タルタルソースも手作りですよ!!
ウマウマおいしかったですー(><)。
SH3G0038.jpg
揚げ油がもったいなかったので、お土産でもらっていた芋を揚げたのですが……(シャイパパが他の料理を作ってくれていたので、芋は私が揚げました)
コレもめちゃくちゃ美味しかった(笑)。
揚げてる片っ端からみんなが食べてました。

夜になって、ゴンちゃんトコが来てくれました。ワンコはゴンちゃんとコジくんだけ。日が暮れて寒いのに川で泳ぐのはどうかと思いましたが……わざわざみんなの所にやってきてブルブルしたり、人に体を擦りつけるのはいかがかと思いますよ主にゴンちゃん(笑)。
ま、ラブだから仕方ないよねと皆納得してましたけど。

SH3G0041_20100517212238.jpg
夜は火を囲んで……ゴンちゃんは日のそばで背中をあぶられてました(笑)。


SH3G0040.jpg
ウチの二匹は疲れて寝てました。
しかし、アキはともかく、全くエルは泳いでなかったんですが??
河原で少しボール投げをしたくらい。

その日の夜は、初めて車中泊(笑)。
ゲージを全部外に出したので、後部は広々。
余裕で寝られました。
ただ、寝袋一枚では、シートの段差が気になって体が痛かったです;
次回は改善することにしました(家にあったごろ寝シートを利用することに)。

川辺の朝は寒かったです……;
でも、前日はもっと寒かったとシャイパパたちは言ってました。

SH3G0045.jpg
キャンプした場所は、他に人がいないし、犬を放し放題良いのですが(昼間は川遊びに来る人がいるので多少注意は必要ですが)、トイレがないのが難点。
近くの道の駅まで歩いて行かなければなりません。
何せ、車をホイホイ出せない状態だから(いちいち引っ張っていってもらうわけにはいかないし)。
まあ、いい散歩になりました。
食べてばっかりだったし(笑)。

三日目になると、レトリーバー四頭は老犬のごとく動きになってました。
筋肉痛です。
肉球がハゲてる子もいました。
ウチの黒犬も多分漏れず……orz
5/5には訓練があるのに!
大事な日まで後二週間だというのに!
この辺の真相はまた次の記事と言うことにしておいて、動きのない犬の写真を連続でどうぞ(笑)。
SH3G0037.jpg
SH3G0036_20100517212149.jpg
SH3G0035_20100517212150.jpg
SH3G0034_20100517212150.jpg

SH3G0044_20100517212237.jpg
SH3G0043.jpg
SH3G0042_20100517212238.jpg

SH3G0051_20100517212305.jpg
SH3G0050_20100517212306.jpg
SH3G0049_20100517212307.jpg
SH3G0048_20100517212307.jpg
SH3G0047_20100517212308.jpg
SH3G0054.jpg
この、三色団子が可愛すぎます。
そんな狭いところで重なって寝なくても(笑)。
SH3G0055_20100517212345.jpg
そんな中でも、ミーちゃんが一番傷が浅かったような?
ボールくわえて水辺でスタンバってました(二日目の写真かしらもしかして)。

SH3G0052_20100517212347.jpg
三日目の朝は、ほっけと味噌煮込みうどん。
ほっけは、縞ほっけと真ほっけの食べ比べをすべく二匹持っていったのですが……美味しかったけど、お腹が張りすぎて、残りは犬にあげました(もちろん、身だけほぐして)。

SH3G0062.jpg
最終日は、はるばる東部からダックスのランボ君&レオン君が来てくれました。
この二匹とも、ウチのは全然平気です。
SH3G0061_20100517212415.jpg
珍しく、ランボ君がアキに興味津々でした。

SH3G0059_20100517212416.jpg
シャイパパにご飯をもらうラブたち。
シャイパパのところにしては一匹多いですが(一番左)。

キャンプの後かたづけをしてからは、お山のドッグランへ。
SH3G0063.jpg
右のはシャイ君ではなく、バーニーズのさんじ君。
左側がシャイ君ですが、さすがにバーニーズの方が大きいです。

で、ドッグランでは、肉球が痛くて歩けなかった黒犬。
車から(ゲージから)降りようとして頭から落ちた黒犬……。

SH3G0065.jpg
家に帰って手もちの抗生物質の軟膏(人間用)を塗って上げました。
エリカラはエル用のだったので、さすがに小さかった……。
SH3G0064.jpg
コレのおかげで化膿は免れましたが、5/5の訓練では使い物にならず、ほとんどできずに終わりました(涙)。
今年こそ、犬用の靴を買おう!(決意)

残っていた斑犬の写真を。
SH3G0023.jpg
二日目、キャンプ地に向かう時のエル。
普段は後部のゲージに入れてるのですが、高速に乗って走ると鳴いてうるさくて仕方ない。
頭が痛くなるので、助手席に。
毛が抜けまくりでした(涙)。

この斑犬は……
SH3G0021_20100517212010.jpg
よく転がります。
SH3G0020.jpg
背中がかゆい訳じゃないと思いますが……。
SH3G0022_20100517212042.jpg
こうやってごろごろ転がってから私を見上げるのですが……どうしろと?


次回の更新は今週中に(笑)。
本当は昨日連続してやろうとしていたのですが、写真のサイズ変更とかの作業で終わってしまいました。

| アキとエルでおでかけ | 21:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。