PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

拾い食い

060128_1942001.jpg
ラブラドールの毛は短毛種の猫より短い、それこそブルドックやダルメシアンのような毛並みを想像しますが(私も実際そう思っていた)、なかなか毛深いです。
この写真ではいまいちわかりにくいですけどね。
……しかし、何故こいつはこんなにもカメラ目線をするのだろう。
そりゃまあ、私も名前を呼びますけど……普段は名前呼んでも無視しやがる事もあるのに、携帯カメラを構えている時は百発百中でこっちを向く。
「きれいに撮りなさいよ」と言わんばかりの、その目つきは何ですか。


で、件名の話。
アキは拾い食い大好き駄目犬。
何でもかんでも食おうとする。そう、果ては何処の何がしたかもわからないう○ちまで食おうとするので散歩中の私は気が抜けない。
有機物だけではなく、土でも石でもはぐはぐとお召しになろうとする究極の雑食派。公園に行くと芝生(冬なので枯れている)をぶちぶち引き抜いて食うので止めるのが大変だ。
そして昨日、事件は起こった。

最近はだいぶツケ(と私は呼んでいるけれど、飼い主の横について歩かせること。リードを引っ張らないよう、飼い主より先を歩かないよう訓練中です)ができるようになり、リードを強く押さえなくてもよくなってきたので、散歩での腕の疲れは減ってきました。通行人がいたら、ツケも何もすっ飛んでいこうとするので結局力がいるのですが。
道路に落ちてるあれこれを口に入れようとする時も、リードを引っ張って止めさせます。
油断も隙もないアキですが、まあ、枝だとか葉っぱならいいかとくわえても放っておくのですが、ふと気づくと、口の端しからビニールらしきものが……待て、コルァ!
厭がるアキのマズルを掴んで、無理矢理口を開けさせてみると……

舌の上にシリカゲルの袋が破れて鎮座

「!!!!!!!」
声にならない悲鳴を上げる飼い主。
脱湿剤はものによったら、口の中の水分を吸収し発熱してやけどになりかねない、いや、それよりも毒性とか毒性とか毒性とか(混乱中)。
散歩の三分の一も行けてませんでしたが、渋るアキを引っ張りダッシュで帰宅。
牛乳(吸着剤の代用になるかと)とか水をがぶがぶ飲ませ、再び外に出て走って吐かせようとしたのですが、間もなく飼い主が体力切れ(--;)。
行きつけの動物病院が開くにはまだ時間があり、どうしようかとオロオロ。アキは人の足下で伏せ状態になってなんだか大人しいし。
慌てるあまり友人にメールをしたりしたのですが(苦笑)、獣医さんに電話。
結果としては、アキが飲み込んだシリカゲルは無害なので、飲み込んでも大丈夫とのこと。
……そっかあ、よかった。
ったくもう、本当に気が抜けないよ。


で、今朝。
実家に連れて行ったら、薬を飲もうとしていた父親の元へ一直線。
それだけならまだしも、テーブルの上にある薬に飛びつこうとし、舌でべろ~り。
私「やめんか、馬鹿犬!!!」
怒鳴っても後の祭りで……

残った薬を確認すると、降圧剤が一つナイ。
ノルバスク(一般名:アムロジピン)は私の職場にもあるけれど、カルシウム拮抗剤の中ではもっとも降圧作用が強い事で知られているのです。
犬って血圧が元々高かったような気がするし、少々下がっても大丈夫な気がするのですが、体重を計算しなくても、オーバードーズなのは明か。
(血中濃度の)立ち上がりは一時間くらいなので、掃除をしながら様子見。なんともなさそうなので大丈夫かなあ。
……はあ、本当に昨日の今日ではらはらさせられるよ。


話は変わり、ワールドドッグ図鑑なるものの「ラブラドール・レトリーバー」のページを読んでみました。

<一部抜粋>
性格穏和な使役犬で、鼻を使っての捜索作業は素晴らしい。
(アキは臭覚が鈍いんじゃないかと思われ、足下に落ちた餌に気づかない事多々)
服従心も抜群で、シェパード犬に匹敵する訓練性能を有す。
(服従心はないに等しい。私が舐められているだけかも知れないが、きつく叱ると逆キレなさります。ただ、物覚えは非常に早いので賢いことは確か。自分のためなら学習能力の優秀さをいかんなく発揮=いらんことばかりする)
しかし、性格がきわめて穏和であるため、絶対強制訓練には不向きで、番犬、ガードドッグには適さない。
(性格は大変わがまま、よく言えば自由奔放。何事も自分中心に考えて知能を働かせるたちの悪さはピカイチ。人間大好きで誰にでもフレンドリーなのはとりあえず合ってる……てか、それだけとも)
猟犬種としての高い資質が、家庭犬に要求される諸条件を見事に満たしている犬種である。
(猟犬種としての高い資質がそもそもアキにあるのか不明)
無駄吠え、攻撃性、反抗性が共に低く、女性、子供でも充分に扱える家庭向きで丈夫な犬種である。(無駄吠えはしないが、反抗性と攻撃性が直結。逆キレして興奮するとサークルに強制収容するしかない)

ページに載ってるラブの写真を見てたら、みなむちむち。
アキはお腹もへこんでるし、めちゃスリムなので……もう少し太った方がいいのではとも。しかし、あれだけ食ってるのに、まだ食わせろと?
 餌を増やすとお腹下げてくるので餌が少ない訳じゃないと思うんですがね。


| アキ観察日記 | 12:11 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

 ヒィィ、シリカゲル( ̄□ ̄;)!
 と思ったのですが、無害でしたか、良かったー(>△<)。
 拾い食いだけはどうにもならない所があるようで、相当しつけないと難しいようです。
 うちは犬も居るのですが、こっちもそんな感じで何でも食べます。でも元気です。どうやら鉄の胃袋らしいです。
 ですから、アキさんも頑張れば鉄の胃袋に・・・('-'*)フフ。
 
 何にしても、これからの成長に期待でございますね。
 カメラ目線はどこのも一緒みたいです。多分レンズが気になるのではないかと、推測しておりますが、定かではございませぬ(・_・ゞ。

| 戒徒 | 2006/01/30 00:43 | URL |

匂いを嗅ぎまくるのは犬の習性としても、拾い食いはどうにかならないものかと頭抱えます。平日は散歩時は真っ暗なので何が落ちているのか見えないところがまた……。
胃袋はアキも頑丈で、消化せずにそのままお出しになってることが多々。
とりあえず、気になったものは食べない時が済まないようです。

カメラ目線もデフォルトなんですか。
アキの場合は来た頃から携帯でばしばし撮ってるので慣れてしまっていることもあるかも知れません。さすがにフラッシュは嫌いのようで、目にも良くないので私も気を付けてますが。
カメラ目線をされると何様と思いますが、可愛いですよね(…)。

| 光記 | 2006/02/01 23:20 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。